☆管理人おすすめ裏情報
【明日には借金の悩みからスッキリと開放されるかもしれない秘術!】
借金からの大脱出!驚異の12のテクニック集

キャッシングネット|消費者金融、借入、キャッシング、ローンの比較、各種手続き情報

2006年04月29日

振り込め恐喝:求刑4年6月、被告は黙秘−−地裁論告

ブログランキング

 架空の債権回収名目で金を脅し取ったとして、恐喝罪に問われている東京都板橋区前野町、無職、天野喜礼被告(35)の論告求刑公判が26日、大分地裁(家原尚秀裁判官)であった。検察側は懲役4年6月を求刑した。天野被告は起訴事実について黙秘している。

 起訴状などによると、天野被告は、ヤミ金融組織の従業員だった男ら6人と共謀。04年1月〜6月にかけ、大分市内の会社員男性(当時40歳)ら2人に対し架空の暴力団組員を装って電話をかけ「金融機関から債権の回収を請け負った。家族がどうなってもいいのか」などと脅し、計94万6000円を振り込ませた。

 脅されたら即警察。

法律に反しているので当然だ。

自らも立ち向かう勇気を持とう。

(一部毎日新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

アイフル被害

順位は?

 消費者金融大手のアイフルが、顧客と融資契約を結ぶ際に法律で義務づけられた書面を渡していないケースがあったなどとして、金融庁は14日、同社の国内の約1900の全店舗を対象に新規の貸し出しなど、一部業務の停止命令を出す方針を固めた。同日午後にも発表する。違法行為のあった北海道や九州などの5店舗が20〜25日間、その他の店舗は3日間の業務を停止する。

 消費者金融大手に対する全店舗の業務停止命令は初めて。期間中は利用者の自主的な借金返済を受け付けるが、新規貸し出しや勧誘、貸し出しの回収などの業務ができない。
 金融庁は昨年から、有識者懇談会で貸金業者に対する規制強化について議論しており、アイフルの処分は議論の行方にも影響を与えそうだ。
 貸金業規制法は、消費者金融などの貸金業者に対して、契約の際、貸付利率や金額、返済期間などを明記した書面を契約者に交付するよう義務づけている。しかし、アイフルでは契約者に交付していないケースが複数見つかっていた。一部に強引な取り立てなどの違法行為も見つかったという。

 貸金業者が違法行為をしていた場合、通常は違反した店舗だけが行政処分の対象になる。しかしアイフルは全国の複数の店舗で違法行為が発覚した上、強引な取り立てや契約書面の未交付などを放置していたため、金融庁は社内での法令順守の指導や内部管理体制に重大な欠陥があると判断。異例の厳しい処分に踏み切る。

 金融庁が全店を対象にした業務停止命令を出すのは、昨年11月の事業者向け貸金業者SFCG(旧商工ファンド)への処分以来。

 大手銀行はこれまで大手消費者金融会社との提携戦略を積極化し、新たな収益の柱として個人向け金融業務の強化を図ってきた。

だが、グレーゾーン金利が撤廃され上限金利引き下げの方向に議論が進んでおり、戦略の見直しを迫られそうだ。アイフルの処分を受け、業界に対する不信感の高まりも銀行にとって打撃だ。(毎日新聞様より引用)

消費者金融業界では、上記の影響で各金融機関などが消費者金融会社との提携商品を廃止する、といったことまで起きているようだ。

確かに、消費者金融業者にとっては「痛い」事実だ。

しかし、それを利用する消費者にとってはどうか。

逆に、安心できる商品が増え、脅しに近い取り立てなどは激減するのではなかろうか。

『消費者利用しやすい社会』が着々と築かれている、と考えれば今の変化も納得できよう。

ランキングは?
posted by 不破 城 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

ちょっと待って! その住宅ローン

ブログランキング

ちょっと待って! その住宅ローン


説明:
みなさんは販売会社や銀行の奨めるローンに無防備に印を押そうとしてはいませんか?

ちょっと待ってください、そのローン! 安易にローンを申し込んでしまうと数年後にはローン地獄に陥ってしまう危険性すらあります。

こうなれば幸せなマイホームが苦痛をもたらすという、本末転倒になってしまいます。
NPO相談員が紙面の都合上、普段の相談やメルマガでは書きつくせない安全なローンの組み方をお伝えします。

金利上昇リスクや自分にあった住宅ローンの組み方を説明しています。

↓無料レポートはこちらから
ちょっと待って! その住宅ローン


より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

整理屋とは?

ブログランキング

名前の通り「借金を整理する」業者のこと。
あくまでも、まっとうな「整理」などはせずに、高額な報酬だけを目的としている。さらに傷口が広がるだけだ。
そして近年、多重債務者が増えていることで、整理屋が暗躍する場面も多く見てきた。

複数社から借り入れしている状態では、人間はどうしても焦ってしまうもの。
この隙を突いて整理屋が優しい口調で囁いてくる。

ただでさえどうにかして欲しいと願う状態。

半数以上の方は助け舟が来たと思ってしまうようだ。

これが「手」なのだが。

また、弁護士などと組むケースもある。さらに、弁護士を装って近づいてくる者もいるから要注意だ。

やはり多重債務状態になる前に相談が必要である。家族、知人、消費者センター…今は消費者に優しい社会であることを肝に銘じて欲しい。

複数社から借り入れをした瞬間、整理屋があなたを狙っている。
その誘いにきっぱり拒否できるなら別だが…。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ヤミ金融対策法

ブログランキング

ヤミ金融対策法成立について

深刻な社会問題となっているヤミ金融問題に対処するため、第156回国会において、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が成立した。
金融庁は、貸金業登録制度の強化により、悪質な業者が安易に貸金業登録を行い暴力団等から資金を得て組織的に貸付けを行うといった事例の排除に努めるとともに、相談体制の強化や捜査当局等関係機関との一層の連携強化に努めることになる。

1.貸金業登録制度の強化
 貸金業登録の審査について、申請者等の本人確認を義務化するとともに、人的要件(例えば、暴力団員の排除)の強化や財産的要件の追加、各営業店への主任者の設置の義務付けにより、さらに厳格な登録審査を行うこととなった。

2.罰則の大幅な引上げ
 高金利貸付け、無登録営業に関する罰則が大幅に引き上げらた。
 また、高金利を要求する行為そのものも罰則の対象となった。
 ・高金利違反 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金(注)
 ・無登録営業 ⇒ 5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金

(注) 出資法で定める貸金業者の上限金利(年29.2%)を超える利息の貸付契約を行った場合

3.違法な広告、勧誘行為の規制
 無登録業者の広告、勧誘行為について罰則が適用されるようになった。
 ・罰則の新設 ⇒ 百万円以下の罰金

4.違法な取立行為の規制強化
 正当な理由のない夜間の取立て、勤務先等居宅以外への電話や訪問、第三者への弁済の要求など行ってはならない取立行為の具体例について、法律で明確にされるとともに、罰則も引き上げられた(無登録業者の行為も罰則の対象となる)。
 ・罰則の引上げ ⇒ 2年以下の懲役、3百万円以下の罰金 (注 罰則の引上げについては、9月1日に施行)

5.年109.5%を超える利息での貸付契約の無効化
 登録業者・無登録業者を問わず年109.5%を超える利息での貸付契約を行った場合には、当該契約は無効であり、利息については一切支払う必要がない。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ヤミ金融業者の見破り方

ブログランキング
一番簡単なのは、その業者が登録業者かどうかを金融庁で照会すること。
ここを使えば一発。

大手同様のパンフレットや紹介文、新聞広告、キレイな受付の方、どうしても信用してしまいそうなチラシ…少しでも考える前に電話する前に上記サイトで調べること。
そして登録されていない場合、即頭の中から抹消すること。

ヤミ金被害は、未然に防ぐのが最も良い方法である。

しかし、どうしても必要なときや多重債務で何処からも借入できない場合はやむを得ず手を付けてしまう例が少なくない。

できるだけ、と言うか絶対に独りで考えてはいけない。ヤミ金の甘い言葉にあっさりとその足を向けてしまうだろう。

家族や知人に相談する、できない場合は消費者センター窓口で相談する。現在はあらゆるところに存在するので、気軽に相談すべきである。

相談するか否かで、今後の人生が大きく変わってくるかも知れないのだから。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

金融用語説明

ブログランキング

【消費者金融】
銀行などの金融機関が、消費者に住宅資金や商品の購入代金などを融資すること。広義には、割賦販売についてもいう。消費者ローン。

【闇金融】
正規の金融機関以外のものが行う金融。

【ブラックリスト】
注意や監視を要する人物の氏名・住所などを記した表。黒表(こくひよう)。

【無利子(無利息)】
利子のつかないこと。また、利子をつけないこと。無利息。「―で貸す」

【債権者】
特定人(債務者)に対して、一定の給付をなすべきことを請求しうる者。債務者。

【債務者】
特定人(債権者)に対して、一定の給付をなすべき義務を負う者。債権者。

【自己破産】
破産手続きを債務者みずからが申し立てること。

【司法書士】
他人の嘱託を受けて、登記・供託・訴訟などに関し、裁判所・検察庁・法務局・地方法務局に提出する書類の作成を職業とする者。もと、代書人と称した。→

【借り入れ】
金銭や品物を借りること。

【キャッシング】
金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機による小口金融。

【ローン】
貸付。貸付金。多く消費者金融について用いる。
借款。

【取り立て】
強制的に取ること。催促して徴収すること。

【金利】
貸金・預金に対する利子。利息。
元金に対する利子の比率。利率。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。