☆管理人おすすめ裏情報
【明日には借金の悩みからスッキリと開放されるかもしれない秘術!】
借金からの大脱出!驚異の12のテクニック集

キャッシングネット|消費者金融、借入、キャッシング、ローンの比較、各種手続き情報

2006年11月05日

76%が「灰色貸し付け」 消費者金融05年度 残高は11兆円超

ブログランキング

 金融庁は1日、2005年度の貸金業統計を発表した。それによると、出資法の上限金利(年29・2%)と利息制限法の上限金利(年20%)の間の灰色(グレーゾーン)金利を適用した無担保融資の件数は4714万9004件と、全件数の76%を占めた。融資残高では11兆4095億円と、全体の73・1%を占めるなど、融資の大半が灰色金利となっている実態が浮き彫りになった。

 統計は、各地域の財務局や都道府県に登録した1万4236の貸金業者のうち、無担保融資を行う98事業者が提出した05年度事業報告書をもとに集計した。金利帯ごとの融資件数をみると「26%超28%以下」が全体の32・5%と最も多く、次いで「24%超26%以下」が19・2%、「28%超29・2%以下」が15・3%と続いている。1件当たりの平均融資残高は25万1000円。

 事業者の数は、大手への寡占化によって中小事業者などが撤退し、ピーク時の1985年度と比べて3万3000以上減少。全融資残高も43兆3506億円と、約85兆円あったピーク時の90年度からは半減以下となった。

(一部フジサンケイ ビジネスアイ様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒多気ランキング
posted by 不破 城 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

レイク 5日間業務停止

ブログランキング

 金融庁は20日、「レイク」の名称で消費者金融サービスを展開するGEコンシューマー・ファイナンスが、貸金業規制法に違反して顧客が望まないのに勤務先に電話したとして、東京と大阪の電話サービスセンターに11月13日から5日間の業務停止を命じる行政処分を出した。

 同社では、返済が遅れている顧客に電話サービスセンターから一定間隔で電話をして督促するシステムになっている。顧客が今年4月、勤務先に電話しないよう同社に要請したにもかかわらず、担当者がシステムを止めなかったため、再度、勤務先に電話がかかった。

 同社は「同様の人為的ミスを起こさないよう、きめ細かく対応するルールを整備した」としている。

(一部読売新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ストップ借りすぎ

ブログランキング

ストップ借りすぎ!

CMでもよく観るが、これを真っ先に念頭に置くべき。

ローンのまとめも多重債務解決も、借入額や借入先によって、その難易度は変わってくる。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

特定調停で多重債務や自己破産の苦しみから解放

ブログランキング

弁護士に高い料金を支払うことなく、自分ひとりで借入金を整理する方法に『特定調停』がある。

自己破産せずに借金を返す法などに詳しく掲載されているので、気になる方は一度見てみるのも良いだろう。

この他にも借金を激減する方法はたくさんある。

驚異の12のテクニック集を参考にすると良いだろう。

できれば一人で悩むことだけは避けたいもの。

全国の消費者センターや知人などに相談すべき。

特にヤミ金被害にあった場合は。

見方は多いことをお忘れなく。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

消費者金融特例金利 2〜3社からの借り入れも容認

ブログランキング

消費者金融の規制強化問題で政府・与党は、少額・短期の融資に限って上限を超えた金利を認める「特例」について、利用者1人あたり2〜3社まで認める方向で調整を始めた。

特例を認める期間は、金利を引き下げてから「最長5年」とした上で、延長もありうるとの「見直し条項」を入れることも検討する。

(一部毎日新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

振り込め詐欺で被害男性自殺 「恐喝」まがいの悪質な犯行!!

ブログランキング

 大阪府池田市の50代の男性が振り込め詐欺の被害に遭って昨年11月に自殺した事件で、男性が金を振り込んだ4口座は名義人を偽って開設され、それぞれ暴力団関係者などを通じて別ルートで転売されていたことが分かった。府警は複数の振り込め詐欺グループが、被害男性から金を引き出していたとみている。また、詐欺グループは当初、男性が要求を断ったのに執ように電話をかけて現金を振り込ませており、架空の話を信じ込ませる詐欺の手口ではなく、恐喝まがいの悪質な犯行を繰り返していた。

 男性が金を振り込んだ4口座のうちの一つについて、詐欺などの容疑で逮捕、起訴された口座ブローカーの竹内針字元被告(27)=大阪地裁で有罪確定=は「知人の暴力団組員に1万円で売った」と供述。また、他の1口座は、東京都内の風俗店関係者が関与した別ルートで転売されていた。それぞれの口座を詐欺グループが利用しているとみられ、複数のグループが、金を引き出せそうな多重債務者に群がり、追い込んだ可能性もある。

 被害男性も消費者金融などに数百万円の借金があり、こうした多重債務者の一人として狙われたとみられる。詐欺グループは昨年9月、男性に電話し、消費者金融が融資の際に審査の参考にする「多重債務者リスト」から、データを消すのでその費用を払うよう要求。男性はいったん断ったが、職場にまで電話がかかるようになり、仕方なく金を振り込んだという。

 しかし、理由を付けてさらに金を要求され、職場の同僚にまで「代わりに払え」などと電話がかかるようになった。このため、男性は消費者金融から借金をして約20回にわたり計480万円を振り込み、借金は1000万円を超えて資金繰りが破たんした。

(一部毎日新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り込め詐欺で被害男性自殺 「恐喝」まがいの悪質な犯行!!

ブログランキング

 大阪府池田市の50代の男性が振り込め詐欺の被害に遭って昨年11月に自殺した事件で、男性が金を振り込んだ4口座は名義人を偽って開設され、それぞれ暴力団関係者などを通じて別ルートで転売されていたことが分かった。府警は複数の振り込め詐欺グループが、被害男性から金を引き出していたとみている。また、詐欺グループは当初、男性が要求を断ったのに執ように電話をかけて現金を振り込ませており、架空の話を信じ込ませる詐欺の手口ではなく、恐喝まがいの悪質な犯行を繰り返していた。

 男性が金を振り込んだ4口座のうちの一つについて、詐欺などの容疑で逮捕、起訴された口座ブローカーの竹内針字元被告(27)=大阪地裁で有罪確定=は「知人の暴力団組員に1万円で売った」と供述。また、他の1口座は、東京都内の風俗店関係者が関与した別ルートで転売されていた。それぞれの口座を詐欺グループが利用しているとみられ、複数のグループが、金を引き出せそうな多重債務者に群がり、追い込んだ可能性もある。

 被害男性も消費者金融などに数百万円の借金があり、こうした多重債務者の一人として狙われたとみられる。詐欺グループは昨年9月、男性に電話し、消費者金融が融資の際に審査の参考にする「多重債務者リスト」から、データを消すのでその費用を払うよう要求。男性はいったん断ったが、職場にまで電話がかかるようになり、仕方なく金を振り込んだという。

 しかし、理由を付けてさらに金を要求され、職場の同僚にまで「代わりに払え」などと電話がかかるようになった。このため、男性は消費者金融から借金をして約20回にわたり計480万円を振り込み、借金は1000万円を超えて資金繰りが破たんした。

(一部毎日新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

業務停止命令の消費者金融大手アイフル、大部分の店舗で営業再開

ブログランキング

 強引な取り立てなどの違法行為が発覚し、金融庁から全店舗(約1900店)の業務停止命令を受けていた消費者金融大手のアイフル(本社・京都市)は11日、大部分の店舗で営業を再開した。

 西日本管理センター3係(滋賀県草津市)や新居浜店(愛媛県新居浜市)など3店2部署については、引き続き最長で6月1日まで業務停止が続く。

 利用者が期待するのは、各種サービスの向上だろう。

(一部読売新聞様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

消費者金融大手アイフル業務停止

ブログランキング

 強引な取り立てなどの違法行為が発覚した消費者金融大手のアイフルは、金融庁による行政処分を受け、八日から三−二十五日間、無人店舗を含む約千九百の全店舗の業務を停止した。

 違法行為が見つかった五稜郭店(北海道函館市)、新居浜店(愛媛県新居浜市)、諫早店(長崎県諫早市)と返済の督促を行う西日本管理センター(滋賀県草津市)、カウンセリングセンター九州(福岡市)はそれぞれ二十−二十五日間、その他の店も三日間業務を停止。ただ、停止期間中も利用者からの返済は受け付ける。

 同社は八日、全店舗の店頭に「多大のご不便・ご迷惑をお掛けすることになりましたことを心からおわび申し上げます」などと書いた張り紙を掲示した。

 既に同社は、処分を受けた先月十四日からテレビCMなどの宣伝や広告を二カ月間の予定で自粛している。

 各地では、過払い分の返還を求める声が上がっているようだ。

 さらに「もう借りない」との声も。

 消費者金融も競争が激しい業界だ。これを機に、各社さらに対応、できれば金利の見直しを図って欲しい。

(一部フジサンケイ ビジネスアイ様より引用)

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

アイフル被害

順位は?

 消費者金融大手のアイフルが、顧客と融資契約を結ぶ際に法律で義務づけられた書面を渡していないケースがあったなどとして、金融庁は14日、同社の国内の約1900の全店舗を対象に新規の貸し出しなど、一部業務の停止命令を出す方針を固めた。同日午後にも発表する。違法行為のあった北海道や九州などの5店舗が20〜25日間、その他の店舗は3日間の業務を停止する。

 消費者金融大手に対する全店舗の業務停止命令は初めて。期間中は利用者の自主的な借金返済を受け付けるが、新規貸し出しや勧誘、貸し出しの回収などの業務ができない。
 金融庁は昨年から、有識者懇談会で貸金業者に対する規制強化について議論しており、アイフルの処分は議論の行方にも影響を与えそうだ。
 貸金業規制法は、消費者金融などの貸金業者に対して、契約の際、貸付利率や金額、返済期間などを明記した書面を契約者に交付するよう義務づけている。しかし、アイフルでは契約者に交付していないケースが複数見つかっていた。一部に強引な取り立てなどの違法行為も見つかったという。

 貸金業者が違法行為をしていた場合、通常は違反した店舗だけが行政処分の対象になる。しかしアイフルは全国の複数の店舗で違法行為が発覚した上、強引な取り立てや契約書面の未交付などを放置していたため、金融庁は社内での法令順守の指導や内部管理体制に重大な欠陥があると判断。異例の厳しい処分に踏み切る。

 金融庁が全店を対象にした業務停止命令を出すのは、昨年11月の事業者向け貸金業者SFCG(旧商工ファンド)への処分以来。

 大手銀行はこれまで大手消費者金融会社との提携戦略を積極化し、新たな収益の柱として個人向け金融業務の強化を図ってきた。

だが、グレーゾーン金利が撤廃され上限金利引き下げの方向に議論が進んでおり、戦略の見直しを迫られそうだ。アイフルの処分を受け、業界に対する不信感の高まりも銀行にとって打撃だ。(毎日新聞様より引用)

消費者金融業界では、上記の影響で各金融機関などが消費者金融会社との提携商品を廃止する、といったことまで起きているようだ。

確かに、消費者金融業者にとっては「痛い」事実だ。

しかし、それを利用する消費者にとってはどうか。

逆に、安心できる商品が増え、脅しに近い取り立てなどは激減するのではなかろうか。

『消費者利用しやすい社会』が着々と築かれている、と考えれば今の変化も納得できよう。

ランキングは?
posted by 不破 城 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

整理屋とは?

ブログランキング

名前の通り「借金を整理する」業者のこと。
あくまでも、まっとうな「整理」などはせずに、高額な報酬だけを目的としている。さらに傷口が広がるだけだ。
そして近年、多重債務者が増えていることで、整理屋が暗躍する場面も多く見てきた。

複数社から借り入れしている状態では、人間はどうしても焦ってしまうもの。
この隙を突いて整理屋が優しい口調で囁いてくる。

ただでさえどうにかして欲しいと願う状態。

半数以上の方は助け舟が来たと思ってしまうようだ。

これが「手」なのだが。

また、弁護士などと組むケースもある。さらに、弁護士を装って近づいてくる者もいるから要注意だ。

やはり多重債務状態になる前に相談が必要である。家族、知人、消費者センター…今は消費者に優しい社会であることを肝に銘じて欲しい。

複数社から借り入れをした瞬間、整理屋があなたを狙っている。
その誘いにきっぱり拒否できるなら別だが…。

より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

家族の借金についての問題

ブログランキング
家族の一員が消費者金融から借り入れし、姿を消してしまった。
その金額200万円。
その家庭や職場には、毎日取り立ての電話や取立人が来るという出来事があった。

借り入れに関して、債務者以外の家族(知人等も含む)は返済する必要はないことになっている。
が、日本には「相続」という制度があり、相続人は資産の他に負債までも引き継いでしまう。
その場合は「相続放棄」も視野に入れるべきだ。そのほうが生活環境の著しい悪化を防ぐことができる。

上記家族は、その後債務者の死亡が確認され、相続を放棄し元の生活に戻ることができた。
くれぐれもヤミ金融業者からは借り入れないこと。法律で制定されているとは言え、トラブルが拡大する可能性が大きいので…。
より詳細を語れるよう応援お願いします⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

借金管理の重要性

人気ランキング
借り入れをした際、いわゆる『借金管理』をしているだろうか?
私のところに来る人は、ほとんどそれをしていない。むしろ誰一人としていないと言ったほうが正しいか。
結論を先に言うと、『借金管理』は返済する過程での気持ちと金額両面において、著しい変化をもたらす。
何かを購入したい、しかし収入がそれに見合わない。結果は借り入れである。
一定のレベルまでの借金は許容できる。
借金は、このレベルの中で債務者を拘留するために管理される必要がある。
つまり、借り入れる最初の段階で、自らが明確な返済計画を持たなければならない。
人間には、嫌なことを先延ばしにしたがる心理があるが、まさにこのことだ。
現在は、ほとんどの消費者金融会社で返済計画を試算できる。
すぐに借り入れることだけに気を捕らわれず、十分に話し合って決定してほしい。
さらに、相談センターなどにも積極的に足を運ぶこと。そして、やはりローンの一本化は重要である。
自らが行動し、自分ひとりで考えず、苦しみを分散させることで人生は反転する。この様な人を多く見てきた。借金は決して地獄ではないのだ。
より裏側への願望⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

返済屋をご存知だろうか?

人気ランキング
一括返済を請け負ってくれる者を返済屋と呼んでいる。
おそらく知っている人は少ないだろう。知らないほうが良いのかもしれない。
私のような稼業をしていると、この様な類の連中と話す機会が多い。
債務者、特に多重債務者の立場を考慮すると、ローンの一本化、そして一括返済が望ましい。
この手続きを一手に請け負ってくれるのが返済屋なのだが、もちろん彼らにも報酬を支払わなければならない。想像の通りバカ高い報酬を。
グレー…いやブラックな連中にお願いするよりは、現在では銀行系、大手の消費者金融や消費者金融相談窓口などで解決すべきである。
私もそれを勧めている。
借り入れはくれぐれも信用できるところからにして欲しい。
悪徳系消費者金融から借り入れた場合、返済屋たちが手薬煉引いて待っている。
より裏側への願望⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 12:36| Comment(1) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金体質からの脱出

人気ランキング
よくある相談は、多くの消費者金融から借り入れをし、それらを回すという、いわゆる多重債務の苦しみである。
このような状態になる前に、いくつか策はあっただろうが、それは人それぞれ、できない場合も多々ある。

我々は人間であり、それゆえ甘えも油断も間違いもある。それが金銭として直接ダメージを受けること…それが当サイトで取り上げるテーマである。

上記多重債務を防止する方法として、簡単だが、非常に有効な方法がある。
それは、目に見える形にすること。
例えば、紙に、「いくらお金を使ったか」、「いくら返済するのか」、「今月はいくらの余裕があるのか」などを書き、普段生活する場所、枕元やテーブルなどに貼り付ける。
バカらしいと思われるだろうが、これが非常に効果が大きい。
人間ゆえの心理的効果である。
クレジットカードを使う、また消費者金融から借金をすることは、本当に簡単であり、そっけないものであるが、これが凶器に化けるのである。
特に管理の上手でない人は。

自分で電卓を叩いて計画を立てるのは面倒だ。私もそうだ。しかし紙に字を書くぐらいだったら幼稚園児でもできるでしょう。
ぜひ、試してみて欲しい。無駄な借金は減るだろうから。
より裏側への願望⇒人気ランキング
posted by 不破 城 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。